師匠・武蔵川光偉

- 師匠 -
武蔵川 光偉 (むさしがわ みつひで)

氏名 武蔵丸 光洋(むさしまる こうよう)
年寄名 武蔵川 光偉 (むさしがわ みつひで)
愛称(あだな) マル親方
家族構成 既婚 おかみ=雅美 、長男
生年月日 昭和46年(1971年)5月2日
最高位 横綱
初土俵 平成元年(1989年)9月場所
血液型 A型
星座 牡牛座
出身地 米国ハワイ州オアフ島ワイアナエ
(生まれは米国領サモア)
出身校 ハワイ ワイアナエ高校
スポーツ歴 アメリカンフットボール
身長 192cm (現役時)
体重 237kg (現役時)
得意手 突き、押し、右四つ、寄り
幕内成績 706勝267敗115休
幕内在位 73場所
優勝 12回
三賞 殊勲賞1、敢闘賞1、技能賞2
座右の銘 我慢して、努力すれば、人間絶対に成功できる。
尊敬する人 師匠 (先代武蔵川親方 元横綱三重ノ海)、父
皆さんへのメッセージ 武蔵川部屋をよろしくお願い致します。

幼少期から武蔵川部屋入門

 1971年5月2日、アメリカ合衆国ハワイ州オワフ島東サモアにてフィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)、後に遠く離れた日本の地で大横綱となる「武蔵丸」が生まれる。
当時のフィアマル少年について「子供の頃からとてもアカマイイ(ハワイ語で“物分りのいい子”の意)子だったよ」とは母・ニマラさん。小学生からアメリカンフットボールを始め、ワイアナエ高校ではディフェンスとして活躍し、NFLのプロ選手になることを目標としていた。アメリカンフットボール選手として大学からも勧誘されたが、経済的理由と勉強嫌いで進学を断念した。レスリングのグレコローマンスタイル(ヘビー級)でも活躍し、アメリカ本土の大学からも奨学金を附けて勧誘されたが、日本のレスリング金メダリストに武蔵川部屋を紹介され、勉強嫌いも手伝い、「自分の体を生かして家計を助けよう」と入門を決意して来日した。また、父・マヌさんにも「神はすべてを平等に扱ってくださる。なにも心配することはないよ。フィア、自分の道を前向きに進みなさい」という言葉も来日の後押しとなった。
photo1_01中央の利発そうな男の子がフィアマル・ペニタニ少年

photo1_02
アメリカンフットボールに青春をかけた高校時代

 

 

入門当時から幕内時代

平成元年(1989年)6月30日、成田空港に降り立った18歳になったばかりのフィアマル少年は、研修期間2ヶ月を経て武蔵川部屋に入門。そのテスト期間2ヶ月の間に相撲の習慣に慣れ、日本語を覚えた。そして、同年9月場所初土俵を踏んだ。その後、類稀な素質と努力で困難を次々と打ち破り、一日の休場もなく、頂点に上り詰めていったのである。負け越しは、幕下時代に1度経験しただけ。四股名は本名のフィアマルのマルからとって「武蔵丸」となった。初土俵を踏んで6場所目には早くも幕下に昇進。その後、十両優勝2回を経て、平成3年の九州場所には新入幕を果たす。

 

photo2_02
平成2年夏場所、三段目優勝

photo2_01
初土俵ながら立派な四股を披露

 

 

大関~横綱昇進・・そして引退

新入幕後いきなりの敢闘賞を受賞。
その後はどんどん番付を上げていき、平成4年夏場所には早くも小結昇進。同秋場所には関脇に昇進。そして、22歳8ヶ月の平成6年初場所後に大関昇進。
大関推挙伝達式での口上は「日本の心を持って相撲道に精進致します」。 同時に大関に昇進した貴ノ浪とは終生変わらぬよきライバルとなり、幕内対戦回数58回は大相撲史上1位の記録である 。大関時代の平成6年名古屋場所に念願の初優勝を果たす。平成8年には日本に帰化し、本名も「武蔵丸光洋」と改めた。
平成11年名古屋場所にて、5度目の優勝を果たし、通産3回目の綱取で横綱昇進となった。大関から横綱になるまで予想以上の道のりを要した(スロー記録)が、ジャパニーズ・ドリームを実現させた男に懸けられる期待は大きかった。また武蔵丸にもこれに応えて、長く横綱の地位と名誉を守り抜き、協会の看板としての役目を見事にはたした。そして、平成15年九州場所7日目土佐ノ海に破れ、翌日引退記者会見を行った。引退の直接の引き金となった左手の痛みは、高校時代アメリカンフットボールで痛めた首から来ているものだということを初めて明かした。

平成12年春場所引退した若乃花が お礼奉公として加わった春巡業の豪華4ショット平成12年春場所引退した若乃花がお礼奉公として加わった春巡業の豪華4ショット

photo3_02
平成8年春場所、206キロ。初めて200キロの大台超え

photo3_01
平成8年には日本に帰化本名も「武蔵丸光洋」へ

ピックアップ記事

  1. 2017/6/12

    【29年‼︎】
  2. 2017/3/30

    【徳田】
ページ上部へ戻る